映画 『イーオン・フラックス』

 土曜は、2nd☆A子とP子(大学時代の1つ上の先輩。カニカニツアーメンバーだったが、あえなく行けなくなったあのP子)とランチの約束だったので、前日の二日酔いを引きずりながら何とか朝9時にはコタツから這い出し(もうずっと寝床がコタツである)、クラクラする頭で風呂に入り、胃薬を飲み、吐き気を我慢し、待ち合わせ場所のダイヤモンドシティへ向かう。そりゃあ、あんだけ飲めばね・・・二日酔いにもなるだろ。店員が「すいません、もう“上善(水如)”きれたんです・・・」って、店の酒きらすほど飲んだんだ。  まぁ、到着する頃には、二日酔いもおさまったんだけど。

 ランチを食べ、この日が公開初日の映画「イーオン・フラックス」を見た。
 会社でチケットを2枚貰ったので、一人分のワリカンで済ますことができた。
 感想としては・・・シャーリーズ・セロンが素晴らしいね。あのスタイルに美貌。美しすぎる。カッコよすぎる。足が長すぎる。体がやわ過ぎる。銃弾が当たらな過ぎる。
 ストーリーのことは・・・・・あまり触れないでおくれ。私的には、スキ系な近未来モノなんだけど、なんか物足りないような・・・それでいて展開が速かった、そんな感じがしたことは否めない。いいとこまで行ってるんだけどなぁ・・・二時間じゃ足りないような気がするね。是非シリーズ化して、もっと深く掘り下げて欲しいものだ。あと、私好みのカッコイイ男が出てこなかった!最大の文句はこれだよこれ!イイ男を出せ!出せーっ!!
 2nd☆A子も微妙な感想を抱いている様子であった。彼女は、昔、夏に古い映画館で映画を見ていたとき、大量のゴッキーが地を走り回っていて、自分の足に当たったりで映画どころではなく、気が狂いそうになったというトラウマがあるらしく、この日も「映画館で見るのはイヤダ」と言っていたのをなんとか連れてきたわけで。
 P子に関しては、映画が始まってすぐに眠りの森へ旅立ってしまわれて、軽く仮死状態だったので問題外である。
 二人とも、私とは好みが違うからねぇ。無理もないか。

 そんなこんなで映画を見終わり、ダイヤモンドシティを後にする。
 市内中心部に出て、久々に大学のクラブの後輩Tちゃんと合流。4人で二時間くらい茶をしばきながらワイワイ積もる話をして、解散。
 金曜土曜とさすがに疲れましたわ~
 今週の金曜、実はお見合いパーテーがあるので、体力はしっかりと温存しておかなければならぬ。
 このことも詳しくレポートする予定なので、しばしお待ちあれ。

 

[PR]

by rkibs56033 | 2006-03-13 23:35 | いろんな戯言